並木通り三番街

Twitter @KasumiStarlight

Serendipity Parade!!!大阪公演まとめ

大阪公演お疲れさまでした。
今回行けるとは思っていませんでしたが、一週間前急遽チケットをいただけることになったので行って来ました。
初日は渋谷でLVでした。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612004339j:plain

その後はバスタ新宿より夜行バス。JRバスのグランドリーム号。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612004406j:plain


明朝まずむかったのは清水寺。現在改修作業が行われていますが、この景色、今じゃないと見れない貴重なものになるのではということで。
他の所もそうですが京都の寺社仏閣を見るならやはり早朝ですね。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612004533j:plain

その後は鉄道むすめスタンプラリーを押すためにあちこちに。関西地区はかなり多いです…f:id:NamikidoriSambangai:20170612004723j:plain
f:id:NamikidoriSambangai:20170612004848j:plain
f:id:NamikidoriSambangai:20170612004918j:plain

そして会場の大阪城ホールへ。まあ暑い日でした。f:id:NamikidoriSambangai:20170612005004j:plain

公演については後程ということで打ち上げ。串カツ屋でした。さっつんがキノコを食べろと申されたので。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612005046j:plain

サマカニうーいぇー!f:id:NamikidoriSambangai:20170612005151j:plain

打ち上げがずいぶん盛り上がり流れで残業(こと二次会)のカラオケ。デレマスのコールが多い曲をひたすら流すというとんでもないものでしたがこれもまた楽しかったです(喉は無事死亡)f:id:NamikidoriSambangai:20170612005214j:plain

明朝。みんな大好き南海そばの箸タワーf:id:NamikidoriSambangai:20170612005341j:plain

南海6000系が好きなので今回も撮りに。三国ヶ丘駅にて。f:id:NamikidoriSambangai:20170612005428j:plain

三国ヶ丘から和泉中央→岸和田→貝塚水間観音往復→貝塚関西空港伊丹空港と行きモノレールで万博記念公園にて。こういう景色良いですね。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612005526j:plain

モノレールも。
f:id:NamikidoriSambangai:20170612005651j:plain

その後は阪急三番街までバスに乗り新梅田食道街でたこ焼き食べて大阪城の記念メダルを買おうとしたらもう営業終わってて手に入らずとかあり新幹線でそのまま東京に帰りました。

はてさて公演の感想でございますが、この大阪公演はとにかく笑いに全振りだったなあと思います。
シンデレラガールズはイベントは普通な感じですがよく「シンデレラ一門」と称されるように笑いに貪欲な人たちが多いのですが(ミリオンは逆にイベントがぶっ飛んでいる分声優さんはわりとまともな印象を受けます。野村(敬称)を除いて)、特に大阪公演は関西出身の人たちが多いのもあってとにかく関西の文化を積極的に入れてきたなあという感じでした。
6/12更新のデレラジ☆においても、様々な工程を経て緻密な計算の上でこの笑いが起きたのだなあって。

…はたしてシンデレラガールズのライブを観に来たのかそれとも吉本新喜劇を観に来たのか…というそんな印象さえ受けました。

ただまあMCとかだけではなく歌ももちろん良かったです。
関西に凱旋公演したそらそらやりっか様、さっつん、るるきゃんをはじめ大阪で初参加の都丸ちよさんや新田ひよりさんの初参加からの緊張や不安を吐露したところ、それを支える先輩の人たちのつながりなどは自分もEVERMOREの歌詞にある「仲間の数が増えてくたびに 叶う願いが増えてゆくね」というのを噛み締めていました。

そして個人的にはやはりWonder goes on!!とかがオリジナルメンバーがいない中、涼さん、周子、法子、早苗さんの4人で歌いましたがとてもしっくり来ました。メンバー的にもバランスがいいのもありましたが、アニメでは* with なつななの曲でしたが、このライブを経てシンデレラガールズみんなの曲にステップアップしたなあって思いました。

そんなわけで笑いあり涙ありでも笑いの方が多数なデレ5th大阪公演でしたが次の静岡公演はどのようになるのでしょうか。最高なライブが最高のライブでどんどん更新されていきますので期待値は上がる一方です。

芽衣子Pの視点からすると、芽衣子さんも和歌山県出身なので次回また関西で公演する機会があれば芽衣子さんがステージに立つ姿が見たいですね。

Serendipity Parade!!!宮城公演まとめ

こんばんわ。ちょっと遅くなりましたがシンデレラガールズ5thLIVE Serendipity Parade!!!の宮城公演について振り返ってみようかと思います。

序盤は旅行記が続くのでライブの感想だけとか読みたい方は下まで飛ばして下さい。

木曜夜、バスタ新宿から旅立ち。

23:50発のドリームさくらんぼ1号で一路山形へ。

f:id:NamikidoriSambangai:20170518112632j:plain

明朝、山形駅に着いて一駅隣の北山形駅左沢線の6両編成を撮影。

ディーゼルカーが最近好きな自分は押さえておきたいネタなのでした。

その後バスとか乗っていましたが、山形は住宅地が結構広がっているなあという印象でした(寒河江→山形のバスも沿線がほとんど住宅地が途切れていなかったので)f:id:NamikidoriSambangai:20170518112652j:plain

なんやかんやあって仙台に泊まりいよいよライブ当日。

初日は物販もあり早く行きましたが、まあ雨ですよね。

物販の時(ちょうど正午頃)の雨もまあまあ厳しかったのですが、ライブ終了後、疲れた中であの暴風雨、駐車場は舗装されてなく一面の水たまりでガンガン体力が持ってかれてこれは死ぬのではないかとさえ。

 

二日目、特に物販も無く知り合いの方と寄り道しながら。会場最寄りで唯一(?)まともな食事が出来るであろうイオンモール利府にて。

モール内にあるおもちゃ屋さんにはこのようなアイロンビーズの展示がありました。このような細やかな展示があるのは嬉しいですね。f:id:NamikidoriSambangai:20170518112722j:plain利府といえば鉄道好きな方であれば新幹線の車両基地を思い浮かべるかと思います。

利府にある新幹線総合車両センター内にある「新幹線PRコーナー」です。

基地内にあるので入場は基地の守衛さんに必要事項を書いた紙を渡し入場。ちょっとわかりにくい場所にあり、入りにくい印象ですが入場無料。展示内容は子供向けではありましたが、大人も楽しめる施設でした。

f:id:NamikidoriSambangai:20170518112823j:plain

ライブ終演後。仙台駅へのシャトルバスですがブレブレ。このようなイベントに柔軟に対応できるのはバスの強みでありますよね。f:id:NamikidoriSambangai:20170518112831j:plain

 

翌日、朝一の高速バスで盛岡を経由し久慈へ。ここにたどり着くまでにはちょっとしたトラブルがありましたが、それについては冬コミあたりで出る合同誌に。久慈では元京王バスの車両が活躍していました。f:id:NamikidoriSambangai:20170518112848j:plain

最終日は八戸でひたすらバスに乗っていました。南部バス(現在は岩手県北バス南部支社)にいる元京急バスのこの車両。車体の傷み具合からかなりの年数がんばっているのが想像できますが、じきに引退しそうではあります。ほぼこのバスのためだけに八戸に来たようなものですが来てよかった。f:id:NamikidoriSambangai:20170518112926j:plain八戸営業所にて構内立ち入り許可を貰い撮影。f:id:NamikidoriSambangai:20170518112909j:plainそして市内でバスを乗り回したあと新幹線で帰宅。東京駅で乗り換えてる時に職場の知り合いに見られていたらしいです。

f:id:NamikidoriSambangai:20170518112944j:plain

 

とまあライブに絡めて旅行をするいつものスタイルではありましたが、ここからは5thLIVE Serendipity Parade!!!宮城公演について。

今回のライブについて良かったことをまず

・全国ツアーを華々しくスタート出来た

全てはここにつきるのかと思います。シンデレラガールズとして初めての全国ツアーでしたが、公演に大きなトラブルも無く大盛況で終われたことは、次の石川公演以降に大きな期待が持てるなと思いました。当初はアクセスの悪さ、そして身分確認等が敬遠されチケットが余った結果当日券が発売されたりと不安視する意見もありました。自分も当初は大丈夫なのかと思いましたが、実際開演したらほとんどの席が埋まっており一安心でした。

 

・様々な「始めて」の公演

 

難波笑美役の伊達朱里沙さんのツイートです。以前からシンデレラガールズの一員になりたいと思い、そして実際に叶えたこと。そして今回の宮城公演で初めてステージに立てて感極まっていました。憧れのステージに立ちたいと願い実際に叶えた、リアルシンデレラガールズですね。

 早坂美玲役の朝井彩加さんのツイート。つい二か月前に美玲役として決定し、そこから怒涛の日々だったとステージで語っていました。

 

 姫川友紀役の杜野まこさんのツイート。宮城出身として初めての凱旋公演でしたが、ステージで「自分はバレーボールをやっていてこの会場(セキスイハイムスーパーアリーナ)によく来ていた。しかしステージの上に上がれることは叶わず悔しい思いをした。それでも今日、形は変わったけどこのステージに立てて嬉しい」と涙ながら申されていました。無事に故郷に錦を飾ることが出来たこと、普段はパッションの権化として活躍されているまっこさんが涙していたこともこちらとしても涙腺崩壊です。

 

そして今回の宮城公演でのまとめ役である松嵜麗さんの活躍。

諸星きらり役として、そしてみんなのまとめ役としてステージ全体をとにかく意識して色々な人への配慮(例、初ステージで緊張している後輩に緊張をほぐすために声をかける、今回ソロ曲が無かった人などにも曲中のセリフを考えるように見せ場を用意する、それが思いつかなかったら一緒に考えるなど)をしてくれていました。

他の公演(でもそうでしたが、麗ちゃまはステージに上がる人からしてのプロデュースがとても上手いなあって思いました。それで今回無事に成功させて最後の挨拶では涙ながらにプレッシャーで不安だったことも言っていましたが、本当にすごい人だなあって思いました。リーダーというより「座長」という肩書きが似合っていました。

 

・えりぴょんかわいい

ユッコも副担当なのでえりぴょん(鈴木絵理さん)がステージで動き回る姿を見て、「ユッコがいる…!」となっていました。

 

・ちっすーのパワフルさ

千菅春香さんのボイスですよね。One lifeしかり純情MIdnight伝説だったりとにかくあの声には圧倒されました。

 

・のっぐの株急上昇

のぐちゆりさんの株が急上昇したのは参加されたPにおいてはわかっていただけるかと思います。のぐちさんも初参加ながら雫ちゃんのボイスで歌いきり、のんびりだけどパワフルで頑張ってる姿を見ると、雫ちゃんがステージにいる…!となりました。

 

・全体的に盛り上がる曲が多かった

全体曲だとオレサファだったり純情Midnight伝説、サマカニ!、あんきら狂騒曲、個人曲でもユッキやユッコ、きらりなど割とPa成分多めでした。他の公演ではCoやCuの曲が多かったりするのかしら。

 

・本人確認がしっかり出来ていた

今回からチケットに名前が記入され転売対策を強化してくれました。身分証明出来るものとチケットを係の人が確認していました。これについては入場に時間かかるとか否定的な意見もありましたが、実際にはほとんどの人がちゃんと入場し、ほぼ定刻に公演を始められた以上次回以降はこの意見は一蹴できそうですね。

テンバイヤーざまあ。

 

続いて残念だったこともいくつか。

・G.I.Pの対応の悪さ

これはもう…って感じでした。シャトルバスや駐車場についての発表の遅さ、過去のイベントの貼り紙を再利用したせいで間違ったレギュレーションの告知、同じく誤った本人確認などなど流石に褒められるものではありませんでした。検索すると以前からこのプロモーターはあまり評判はよろしくないみたいでまあそうなんだなあって。

 

・アクセスの悪さ

山の中でしたからねえ。さすがにアイマス側でこれはどうしようもないですが、やはり往復するだけでも体力が持ってかれていきます。逆に徹夜で物販並ぶ人がいなかったのは良いものなのですが。

 

・天候

土日ともに宮城県は雨模様。特に土曜日は暴風雨で厳しかった。有志が設置したフラワースタンドも壊れてしまったり、仙台空港が着陸できず引き返したりダイハードした結果、現地参加を諦めざるを得ないPがいたりと散々でした。「仙台空港着陸ガチャ」なる言葉が出来てしまったほどですがこれもやはり不可抗力…。初日終演後が一番ひどかったですね。傘は役立たず人は多いから進みが遅い、駐車場も舗装されておらず一面が水たまりでぐしょぐしょ。迷ったときは生命の危機すら感じました。

 

全体の感想としては、今後語り継がれるであろうライブに参加できたのはある意味良かったのではないかなと。ライブ自体は大成功でしたが、外部要因がなんとも言えずでこういうのもあるんだなっていう勉強でもあります。

 

最後に宮城公演二日目に発表された第6回シンデレラガール総選挙について。

我が担当である並木芽衣子さんは残念ながら今回も圏外でありました。自分の担当アイドルを輝いたあのステージに立たせてあげたいというのは宮城公園のステージを見て感じたことです。なかなか悔しいことです。

しかしながら声がついていないアイドルが5人も声の実装が決定したこと、そして以前から「無冠の女王」と称されていた高垣楓さんが悲願のシンデレラガールになったことはとても喜ばしいことだと思いました。

第6回シンデレラガール総選挙は終わりましたが、すでに第7回への準備は始まっています。今回大躍進を遂げた関ちゃんPたちの行動(普段から担当アイドルについての活動をする、無課金勢を引きこむなど)を参考にする声はあちこちで上がっています。しかし一番大切な自分たちが一番楽しむということを継続する、これがなにより大切なことなのではないかと。この姿勢は芽衣子さんのアイドル活動においても同じことですし、結果に落ち込むばかりじゃなくまたアイドルと共に進んでいくのがPの姿なのではないかと思います。

 

以上宮城公演の振り返りでした。自分は次の現地は福岡初日は決定していますが他の公演もぜひLVで見たいなあと。

だれ?らじ

超繁忙期であるゴールデンウィークが無事終わり小躍りしているかすみさんです。

さてゴールデンウィークは職場の同僚とニコニコ超会議に行ってみたり、ガルパンの河嶋桃ちゃんの誕生日で大洗に行ったりしましたが後はひたすら労働しておりました。

そんな中、アイマス台湾公演の際、知り合いのPさんに布教されたのが音泉で配信されているラジオ「だれ?らじ」でした。

www.onsen.ag

「誰だかわからない」スペースクラフト所属の新人女性声優3人がなんとなく喋るラジオ番組『だれ?らじ』です。

 という説明文ですが、パーソナリティは野村香菜子さん(野村)、駒形友梨さん(ベイ、おベイベイ)、角元明日香さん(しーまる)の3人。

3人ともアイマスのミリオンライブの声優だったりしますが(野村→二階堂千鶴 ベイ→高山紗代子 しーまる→島原エレナ)、そのトーク内容から一部では「ミリオンライブの流刑地」などと呼ばれるらしいですね。デレパ?いえよくわかりません。

女性声優がトークの殴り合いをするラジオというと「洲崎西」などもありますが、こちらは下ネタがあまり無いのと、パーソナリティが3人になった分さらにやかましくなった印象(主に野村)。

聞いた印象としては「あーこれは自分が好きなタイプのラジオだな」って感じだったので、癒しを求めるというよりはケタケタ笑ってスッキリする感じのラジオです。

毎週火曜更新とのことで今後も楽しみにしています。

特にオチはありません。

デレマスPが765ミリオン台湾公演に現地参加してみた

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWANに両日ともに現地参加してきましたのでその振り返り。

自分はデレマスPではありますが、なぜ今回参加しようかという事については後ほど。

今回は往復ともバニラエアでした。ライブの協賛に日本航空が入っていますしJALマイレージもあるのでそっちで飛びたかった訳ですがそこまでのお金はありませぬ。

f:id:NamikidoriSambangai:20170426233215j:plain

桃園空港から「台湾のサクラダファミリア」こと桃園機場捷運で一気に台北へ。35分160元というのはバスで渋滞に巻き込まれるくらいなら妥当なお値段でしょう。

台鐵の台北車站からMRTの乗り換え通路の途中にいらっしゃる鳥人間師匠。

f:id:NamikidoriSambangai:20170426233222j:plain

台北近郊で撮り鉄するとなるとだいたいお世話になる汐止站。花蓮方面や高雄方面からの列車は台北を通り抜けて折り返すので台北近郊ではかなり頻繁に列車が行き交います。

f:id:NamikidoriSambangai:20170426233237j:plain

その後台北車站に戻ってみたら國光客運のバスターミナルに行くとWILLER塗装のバスが。f:id:NamikidoriSambangai:20170426233244j:plain

台北にはいくつかバスターミナルがありますが、台北の駅前にあるバスターミナルに並び大規模なバスターミナルである市府轉運站があります。たまプラーザ駅のバスターミナルを大きなした感じでしょうか。f:id:NamikidoriSambangai:20170426233256j:plain

さて本番のライブ。今回は765ミリオンということで以下の図のアイドルたちが出てきましたが、七尾百合子役の伊藤未来さんが残念ながら体調不良で欠席に(響、奈緒と並び百合子は好きなキャラの一人だったので割と落ち込みましたが一番悔しいのは本人でしょうし)f:id:NamikidoriSambangai:20170426233303j:plain

ライブ二日目もまた時間があるので撮影。EMU300の自強号目当てに撮影者が数人いましたが、自分含め全員日本人でした。f:id:NamikidoriSambangai:20170426233314j:plain

その後やって来た復興号。この列車は今では日曜日にしか台北には来ませんし、區間車に役割を取られている現状、いつ無くなってもおかしくない車両。f:id:NamikidoriSambangai:20170426233321j:plain

二日目のライブが終わり打ち上げ。豪華な台湾料理を楽しみながら他のP達と交流を深めました。f:id:NamikidoriSambangai:20170426233334j:plain

最終日、飛行機まで時間があったので九份へ。基本的には下から階段を見上げるアングルを見かけますが、ミリオンの「アジアンタイムトリップ 天空橋朋花」のモデルになった場所でもあります。まだミリオンのアイドルは詳しくありませんがせっかく来たのだからと記念に。

f:id:NamikidoriSambangai:20170426233344j:plain

そんな感じで撮ったりなんやらで空港に戻り成田へ戻ったのですが、同じ便にライブに参加したPがざっと10名ほど乗っていたりしていました。

 

簡単にざっと振り返りましたが、本題としてなぜほぼ知識が無いに等しいデレPが765ミリオンのライブに参加しようかということについて。

今回はアイドルマスターというコンテンツで初めての海外単独公演であったことということもあり、1stライブに参加できる機会であったこと、台湾公演のチケットは割と捌けるのがゆっくりだったため席も選べたため、デレ5thでチケットをご用意されないよりも精神的にはかなり良かった、すでに1月に台湾へ旅行したため入出国の手続きや現地での意思疎通について国内旅行程度で行ける感覚だったなどありましたが、せっかくアイドルマスターというコンテンツに触れた以上、まずは原点に戻ってみるのも良いのではないかという事でした。

765もミリオンもシンデレラもSideMも「みんなまとめてアイドルマスター」という言葉が個人的には好きなもので、プロデューサーとアイドルが二人三脚で一緒に進んでいけるコンテンツというのはアイドルマスターというコンテンツならではということ。そこに765やらミリオンやらデレやMマスにおいて差異は無いだろうということです。

自分はPになって歴史は浅いので、以前あった様々な騒動について詳しくはないからこういうことを書けるのではという意見もあるでしょうが、今までお会いしたPの皆様においてはどのコンテンツも担当されている方に多数お会いしていますし。

他に参加した理由については、自分が精神的に弱っていた時に聞いた自分REST@RTやM@STERPIECEを実際に生で聴きたい、その直近で聴けるであろうという機会が今回の台湾公演だったということもありました。そのため、この2曲が初日に実際聞けただけで台湾までの交通費やチケット代は十分安いものでした。

そんなこんなで書いていきましたが、曲についても盛り上がる曲からカッコイイ曲などなど初心者にも優しいセトリでしたし、曲の合間のトークも笑いが絶えず楽しいものでした。

ミリオンについては2017年夏に配信されるゲームはプレイしてみようとは思いますがまずはシンデレラの総選挙、そして5thツアーですね。ぜひ総選挙では並木芽衣子さんに投票よろしくお願いします。

嗚呼ピザポテトよ永遠に

本日はこのニュースで日本列島が深い悲しみに包まれました。

nlab.itmedia.co.jp

昨年北海道を台風が襲い、JR石勝線などが不通になったのは記憶に新しい所ですが、この台風でじゃがいももダメージを受けたみたいでポテチが作れなくなってしまったみたいです。

何を隠そう自分はピザポテト愛好家ゆえ、今回のニュースに食事も朝昼晩の三度しか喉を通らなくなってしまいました。

 

 

 

自然災害が原因なので消費者がどうこう出来る問題でもなく悲しいところではありますが、特急列車の中で炭酸飲料を飲みながら優勝出来る日が来ることを待ち続けます。f:id:NamikidoriSambangai:20170410235431j:plain

タイトルの由来とか

 お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

そういえばタイトルの由来ってのはどこにも書いていなかったのでお題にもあったので。

「並木通り」ってのは、2017年3月に神戸で行われたシンデレラステージ5stepというシンデレラガールズオンリーイベントにおいて、並木芽衣子さんを中心に扱うサークルさんが集まった場所を「並木通り」と称したのを見たのがきっかけです。

三番街はなんとなく語呂が良いからと後ろにつけただけですが、一応としては大阪梅田にある阪急三番街という商業施設&阪急バスのバスターミナルから来ています。

元々は「七森交通」という名でやっていましたが、分かる人には分かる名前に反してその由来になった作品でサークルとしての活動を出来ていないため。もう少し汎用性がある名前にしたいと思いこのような感じで変更となります(ロゴとか出来ていないので今後になるかと)。

 デレ4th神戸2日目に撮影した阪急三番街バスターミナル。写真に映ってる有馬急行線は厳密には高速バスではないみたいなんですよね。阪急バス社内の扱いとしては高速道路経由の一般路線バスみたいで。ただ高速道路を通る関係上全席着席が必須なので高速バスの車両を使ってるとかなんですかね。f:id:NamikidoriSambangai:20170407000910j:plain

ちなみに他には並木通り一番町(仙台の広瀬通一番町から)とかの案もありましたが脳内会議の結果こうなりました。

ハンネの由来は時々出してますが、東京の八王子市内にある「宮下町」と「加住町」から来ています。

 

そんな感じでぬるっとやっていきますので並木芽衣子共々よろしくお願いします。

 

並木芽衣子の魅力について

お世話になります、宮下かすみです。

以前撮り鉄やらバスの記録などでブログをやっていましたが、最近ご無沙汰なのでこちらに移行となりました。

さっそく表題の件について。長くなるかと思いますが……

昨今様々なアイドルがいますが、その中でも自分が今一番心を惹かれているアイドルに、「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場する並木芽衣子というキャラクターがいます。 

まずどのような方なのかというのは以下の記事を参照して頂ければ。

 

dic.pixiv.net

魅力の前に自分が今このような記事を書くようになった理由について。

今現在、プロデューサーの皆様が彼女の事を知るきっかけというのは、「モバマス」か「デレステ」になるかと思いますが、自分は後者にあたります。

旅行が好きという事は自分と同じだなということで知った訳ですが、その際はまだ「へーそうなのか」程度の認識でした(デレステの初登場がRであったのでゲーム内での戦力とか考えるとどうしても)。

しかし2016年8月31日、「祝!1周年 アニバーサリーパーティガシャ」でSR[トラベルダンサー]が恒常SRとして追加された際、当初自分は森久保乃々目当てでガシャを回したのですが、芽衣子さんを引き当てまして、SRということもあり育て始めました(デレステではSRのキャラは必ず育てるようにするのが方針なので)。

最初はそこまでメインという訳ではなかったのですが、少しずつ彼女の魅力に気づいていったのです。

その時点ではまだ、デレマス全体のアイドルにおいて、自分の一番の担当アイドルというのがまだ決まっていない頃でした(今でも担当は増えるものとは言っていますが)。

しかし、並木芽衣子が自分の担当アイドルとなった最大のきっかけは、モバマスで2016年10月19日から始まった「アイドルチャレンジ 目指せお菓子なハロウィン」のイベントからです。

椎名法子脇山珠美とともにハロウィンでのイベントを成功させるために準備をするイベントでしたが、その際に彼女のアイドル業やファンへ対しての考え方、プロデューサー(プレーヤー)への接し方、彼女の人生観などを始めてちゃんと目の当たりにしました。

その結果は一言で言うと、惚れてしまったんだなと思います。

そのイベント以降、様々な芽衣子Pと交流したり、彼女のアンソロジーの企画に参加したりと色々自分も出来る事をしていきました。

 

では彼女の魅力について。

様々なサイトやSNSなどで芽衣子Pの同僚が彼女の魅力を書かれていますが自分から見た並木芽衣子というアイドルの魅力はざっと書くと以下のように。

  • パッションの属性ということもあり、とても笑顔がかわいく明るい性格。
  • どんなことにも前向きな姿勢
  • 22歳と成人済ではあるが無邪気な所
  • 「勇気、直感、度胸」溢れるパッション
  • お互いの事を信頼してくれている人生のパートナー

笑顔がかわいい、明るい性格というのはアイドルにはよくあることでしょう。しかしながらこれは外せない。かわいいは正義

 

どんなことにも前向きな姿勢。ポジティブシンキングとも言えるでしょう。仕事においても旅行においてもトラブルを逆手に取り楽しむスタイル。自分はこれの真逆の思考を残念ながら持ってしまったため、羨ましさというのが心の底にあるのではないかと。

 

22歳と成人済みではあるが無邪気な所。仕事とは言え20歳を超えて普通ブルマを着用するというのはまあ抵抗があるでしょうが彼女は割とノリノリだったりします。その他にも方方で彼女の無邪気な笑顔に触れる機会があるかと思います。彼女を一言で表すのに「天真爛漫」という言葉がとても似合うのです。それに彼女はロマンを大切にします。

 

「勇気、直感、度胸」この言葉抜きで彼女を語ることは出来ないかと思います。シンデレラガールズ劇場696話「旅行に大切なモノ」でこの言葉が出てきますが、旅行だけではなく彼女がアイドルとして、一人の人間として生きるにあたっての大切にしている言葉であります。それと同時に自分もこの言葉は大切にしていきたいと思います。初めての海外旅行で宿のチェックインに間に合うかギリギリのラインを攻める、畑違いなアンソロジーにあえて参加してみて分野を広げてみる、諸般の事情で会社を辞めて元のバイト先に戻るなどなど……

 

お互いの事を信頼してくれている人生のパートナー。

これは他の記事ではあまり見かけませんでしたが自分にとってはこれが一番大きな理由になるかと思います。

プロデューサーとアイドルという関係はわざわざ崩す必要も無いですし、一線を越える事は必ずしも良い結果になる訳ではありません。それを嫌うプロデューサーがいるのも当然であります。しかし彼女はアイドル活動という一つの「旅行のパートナー」としてプロデューサーを対等な目で見てくれています。

二人三脚で進んでいくからこそ、様々な苦労もあります。しかしその分得られた感動は二倍以上。素敵な景色を同じ目線で見ることが出来ます。それはステージが成功したことであったり仕事で評価されたとか色々あります。アイドルはステージから、プロデューサーはその脇からという物理的な視点の違いはありますが、目指していく目的地は同じ。ファンと、プロデューサーと一緒にアイドル活動という旅路を歩いてゆくのです。このアイドルと同じ視点から見れるのはアイドルマスターというコンテンツならではと考えます。

無論他のアイドルマスターのキャラも同じなのですが、彼女は他のアイドル以上に二人三脚でどこまでも一緒に歩いていけるということを様々な面で強く実感させてくれます。

 

並木芽衣子はまだボイスが実装されていないキャラです。CDやアニメにもまだ出れていないので、ボイス実装組に比べどうしても認知度が下がってしまうのが現状です。アイマスに出るキャラはみんな一癖も二癖もある魅力あるアイドルですし。でもゆっくりでも着実に芽衣子さんの魅力に気づいてくれるプロデューサーは増えていると自分は信じています。

もしこの記事を読んで少しでも並木芽衣子というアイドルに興味を持っていただけたらこれ以上の幸せはございません。ぜひ皆様、並木芽衣子をよろしくお願いします。そして当ブログもよろしくお願いします。